はじめてお墓を購入する場合には、どのようなデザインのものを選んでよいのかわかりません。


墓石のデザインには、和型墓石と洋型墓石そしてオリジナル墓石の3つがあるといわれています。

まず、和型墓石ですが日本で古くからみられる一般的なデザインのものです。

角柱のような形をしたものといえばわかりやすいと思いますが、よく見かけるデザインですね。


見た目が非常に美しく、安定感もあり、親しまれていることからよく選ばれています。

お勧めの足立区のペット葬儀についての情報です。

つぎに、洋型墓石ですが、近年少しずつではありますが増えつつあるデザインのものです。

横長の形をした石材を用いて作られた墓石で、公園墓地などではよく見かけると思います。
非常にシンプルなデザインですが、家名を彫るだけでなく、自分の好きな文字やレリーフといったものを彫刻することもできるようになっています。

西宮の葬儀の情報はこちらです。

最近では、芝生で飾られた墓地も増えており、アメリカのお墓で見かけるようなプレート型の石を芝生に埋め込んだり、ストレート型といわれるものやオルガン型などさまざまな洋型墓石が作られるようになっています。

東京の納骨堂の安心情報、今すぐ確認してみましょう。

最後に、オリジナル墓石といわれるものですが、これは形が決められたものではなく、自分の好きな形にすることのできるものです。

オリジナル型でお墓を建てられる人の多くは、故人の趣味や好きであったものをかたどって作っています。


あなたのご要望に応じた樹木葬にアクセスしてください。

たとえば、趣味がサッカーであった人のお墓にはサッカーボールを、ピアノが趣味であった人のお墓にはピアノの鍵盤をかたどって作ったりしています。非常に斬新で目を引くデザインも多くあり、一種の芸術品のような印象を受けることができます。
最近はオリジナル型のお墓を手掛ける石材店が増えており、多くはコンピュータを使って石の切り出しなどを行っています。

一見難しそうな球状の石や細かいデザインの石でも切り出して作ることができるようになっており、自分の想像をお墓にすることもできるようになっています。


お墓は故人を偲ぶために必要不可欠なものです。

お墓を建てる際には、お墓のデザインや色を選ばなくてはなりませんが、その中でも墓石が非常に重要なものであるといわれています。
お墓は一般的に屋外にあり、雨や風にさらされますし、太陽の光が常に降り注ぐという過酷な環境の中にあります。ですから、簡単に壊れるような素材を墓石に選ぶことはまず不可能といえます。


お墓は代々受け継がれていくものですから、墓石選びに失敗してしまうと受け継いでいくこともできなくなってしまいます。
墓石というものは、何十年も使うことができるということを考えて、耐久性に優れている素材のものを選ぶようにしましょう。

耐久性に優れている墓石ということは、まず硬いものを選ぶようにしましょう。


硬いと、雨や風にさらされている場合でも、風化を遅らせることができるとされています。


硬いものを選ぶようにしましょう。

石というものは、水をよく吸い込むような作りになっています。

墓石に水をよく吸い込む石を使ってしまうと、水分が残ってしまいコケが発生してしまう原因になるといわれています。

コケが生えてしまうと石も傷んでしまうので、なるべく吸水性の低い石を選ぶほうが良いといわれています。また、吸水性が高いとヒビが入りやすかったり、石の内部に含まれている鉄分が酸化してしまいサビが発生してしまう恐れもあるといわれています。

ですから吸水性の低い墓石を選ぶようにしましょう。

四日市の家族葬の情報ならお任せください。

吸水性の低い石を選ぶためには素材を選ぶことも重要ですが、石の表面を見て決めることも重要といわれています。

石というものは細かい小さな粒粒が集合して、一つの塊を形成しています。

ひとつひとつの粒が小さくきめが細かいものは、ぎゅつと詰まっており、水がしみこみにくいようになっているといわれています。

また、きめが細かいものは磨きをかけると光沢が出て、非常に美しくなるといわれているので、きめが細かいものを選ぶほうがよいとされています。

http://next.rikunabi.com/journal/entry/20140807
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1456090144
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1297288187


Copyright (C) 2016 多様な墓石のデザイン All Rights Reserved.