GoogleMapsAPIの活用例

  • GoogleMapsAPIの使い方

    • 商店や施設への来客数を増やすためには、ホームページに地図を入れるのが効果的な方法のひとつです。

      しかし誰にでも分かりやすく、かつ詳細な地図を作るのは、それほど簡単なことではありません。

      GoogleMapsAPIを利用すれば、拡大・縮小やスクロールが自由にできるGoogleMapsを、自分のサイトに掲載することができます。

      一流の商圏分析のサービスを安定して提供できるよう取り組んでまいります。

      GoogleMapsAPIはJavaScriptで記述され、他のホームページにリンクする必要はありません。


      基本的に無料で、どんなサイトにでも掲載できるのが特徴です。

      日本はもちろん世界中の地図に対応しており、マップ上にマーカーや吹き出しをつけたり、線を引いたりすることもできます。

      店舗の位置を分かりやすく示すのに最適な方法です。
      大きな欠点とは言えませんが、マップにはGoogleのロゴが入ります。

      All About情報の差に驚きました。

      将来は広告が入る可能性もあります。
      また1日あたりのページビュー数に制限があることにも注意が必要です。



      目的によっては使えない場合があるので、あらかじめ利用規約を確認しておくことが大切です。


      利用規約は大きく変更される可能性があるため、最新の情報に着目してください。


      GoogleMapsAPIには有料版もあり、利用料金はかかりますが、機能性は無料版よりも高くなっています。いずれも便利で使いやすく、表現力の豊かなツールとして、企業や商店をはじめ多くのホームページに採用されているサービスです。